ほこほこぽこぽこ

楽しんだり、頑張ったり、 ほこほこしたり・・・

兵庫県立「国見の森公園」に行って来ました♪

昨日は、友達二人と母と私の4人で、山崎に行って来ました。
まずは、妹や甥がしている、「さいこ」へ。
022_201703062036273e6.jpg
11時半を予約して、部屋を取っておいて貰いました。
018_20170306203624def.jpg
「さいこ」のランチです
020_201703062036268c4.jpg
更にお奨めの、「名物から揚げ」と、「すじこん」と「アボカドのサラダ」を
一人前ずつ頼んで、シェアしました。
これも本当に美味しいんです
食べ終わって出る時には、テーブル席もお座敷も満席状態で、
甥っ子に「ご馳走さま」もそこそこにお店を出ました



「せっかくだから、山崎のどこかを案内して~」とのことで、
「兵庫県立 国見の森公園」に行きました
 (兵庫県宍粟市山崎町上比地374)です。
DSC_0155.jpg

043_201703062038073bf.jpg

交流館で受付をして、モノレールを待ちます。
025_20170306203629381.jpg
二両編成で、40人乗れます。
電話予約をしていたので、一番に名前を呼ばれて、
一番前の席に~
このモノレールが凄いんです
ドキドキわくわく、スタートしますよ~

026_201703062037115d1.jpg
座席の向きから言えば、バックであがって行きます。

DSC_0154.jpg

029_2017030620371474f.jpg

033_20170306203715c71.jpg
この角度が、見た目は半端なく怖いのですが、
モノレールは、水平を保っていますので大丈夫

065_20170306203917b19.jpg
山崎の町が見えて来ます。

DSC_0143.jpg
標高差300メートル程を、20分かけて、山頂駅に到着します

061_2017030620391494b.jpg

こんなにスリルと感動を味わえるのに、
このモノレール、なんと無料で乗れるんですよ

山頂駅を降りたら、木工体験が出来る部屋などがあったり、
芝生広場で親子が楽しそうに遊んでいます
060_20170306203912ff0.jpg
なんと、ここで遊ぶボールなどは、下の交流館で無料で借りられるんですよ
良いですね~


042_201703062038061f8.jpg
母を体験室に休ませておいて、
私たちは、700メートルほど歩いて展望台に行きました。

048_20170306203809a14.jpg
国見山(標高465メートル)山頂展望台です。

054_201703062038358da.jpg
はるか下に山崎の町並みが見えます。
「さいこ」はあの辺りだね

049_20170306203832e66.jpg
揖保川の大きなうねりと、中国自動車道が伸びています。

050_20170306203834ddc.jpg
万葉集に舒明天皇が、天の香具山から国見をされた歌がありますが、
眼下に見える美しい町並みが、災害に苦しむことなどありませんようにと
願いました。

056_20170306203837d25.jpg
展望台から下りて来ると、元気な子供たちの声が聞こえました。

057_2017030620383879c.jpg
木で作られた、遊ぶウリボウを見守るイノシシが優しげでした
子供の目を惹く遊具など置かれていなくて、
美しい森の自然で遊べる作りが良いなと思いました。
「何もない贅沢」を感じました

友達もとても良かったと言ってくれました。
DSC_0146.jpg
山で1時間余りを楽しんで、又、ヒヤヒヤと下界に下りて来ました
今度は、子供たちと来たいですね






スポンサーサイト

コメント

TITLE:国見

国見の森公園 すごいですね。無料のモノレールもびっくり やけど
傾斜がきつそうなのに スリル満点ですね。
本土はやっぱり広いなあって 島の狭さを感じてしまいます。
どこまでも ずーーーと走れるのがいいですね。

又いきたいです  楽しみにしています。

TITLE:

そうやね~。
ずーーーと走れるよね。
国見の森公園、大人でも楽しくて、つい書きました!
山が緑になる頃、来てください。
洋裁談義もしましょう♪
衣装は尋ねていますからね!

TITLE:衣装

衣装の件 ありがとう お世話になります。
架空の人物なので誰も本物はみたことないようです
ジーンズの生地で作ったらどんなかなあって まだまだ検討中です。
今年の年末に着ていきたいとのことですので 秋くらいに完成目指しています。 男の子なので型紙から模索中です。
何かわかれば助かります。 

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

 プロフィール 

ヨウ

Author:ヨウ
37年間、自営業としてブランドのベビー、子供服を作る仕事をして来ましたが2011年秋にやめました。
2年間パートとして、ギフトショップのお勤めを経験しました。
2013年夏より、「ミシン遊びの部屋」と名付けて、仕事場を開放しています。
ミシンの好きな人たちが、集まり、そこから又、楽しく面白いものが生まれる場所になればいいなと思っています

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 

 カテゴリ 
 訪問者数 

 月別アーカイブ 
 検索フォーム 

 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QR

 月別アーカイブ