ほこほこぽこぽこ

楽しんだり、頑張ったり、 ほこほこしたり・・・

引きつる笑顔で、「愛の小径短歌大会」

14日(木)、「第五回 文芸愛の小径 短歌大会」が、
作東バレンタインパークの傍の会場でありました。


作東総合支所の南からの進入路に、
70基ほどの、短歌、俳句、川柳の碑が並んでいます。
それを記念した短歌大会が毎年開かれています。

010_201604152035356da.jpg
「極楽の余り風だと母が言ふ真夏の畑を撫でる涼風」ヨウ
父が書いてくれた私の歌碑です。
毎年、桜が満開ですが、今年はもうほとんど散っていました。



今までは、開会してから「題」が出され、歌を詠む即詠でしたが、
今年は「野」と言う題が出され、歌は先に出しているので、
「気が楽だね~」と言いながら、会場準備をしていたら、
先生が「どなたか司会進行して下さいよ」と言われ~

002_20160415203532864.jpg

「無理無理!!」と、み~んな逃げまくって~
私も必死で逃げたのに~ 捕まってしまった~
「傍にいて助けてください」と先輩を引っ張り、
先生の言われた通りに・・・。
「それでは、開会のご挨拶を、文化協会長の○○様より・・・」
「続きまして、ご来賓のご挨拶を教育委員会の・・・」と、
引きつる(たぶん)笑顔で始まりました

前半は参加者(40名)の歌の評、休憩して、後半は欠席者の評、
最後は表彰、 歌を歌って解散となりました。

ところが、表彰で109首の中から、先生が選ばれた10首の中に、
私の歌がありまして・・・

044_20160415203704930.jpg
「わが吐きし重き吐息を受け取りて風よ遠く遠くの野に蒔け」ヨウ
メンバーのSさんが書いてくださった素敵な色紙。なんだか自分の歌ではないような・・・。
本当にびっくり でもSさんの書なのが嬉しい~
宝物になりそうです



私たちの会が主催でしたので、色々とみんなで手分けして準備をして来ました。
先生が選ばれる選者賞10首は額入りで色紙でしたが、
私たちが、その場で選ぶ10首は短冊とのことで、
そよろさんとI さんと私で、細帯と織られた布で短冊掛けを作りました。
好評でした
027_20160407222740788.jpg

その他にも、会場にお花を飾ったり、デザートを作ったり、
休憩時間に体操をしたり、歌をリードしたり、参加賞を手作りされたり
本当にメンバー全員が力を合わせた短歌大会となりました

出席者の中で90歳を越えられている方が3名。
欠席でしたが、歌を出されている中で最高齢は102歳でした
県北の色々な場所から参加して下さいましたが、
この日、京都からも同じ結社の方、お二人が参加して下さいました

今日は、そのお二人をご案内して、「声ケ乢(こえがたわ)」に行って来ました。
明日、書きますね




スポンサーサイト

コメント

TITLE:地震

吐息 の短歌がいいですね。いろ色な場所でご活躍いいですね。
短冊の壁掛け いいアイデアですね。 止める所は糸でつくったのですか
 
 九州の地震大変ですね。大分の方はまだましのようでしたね
 避難している友もいるようですね.
一日も早く日常が取り戻せるように祈るばかりですね。

TITLE:ありがとう

「吐息」の歌、思わぬ展開でびっくりしました。
ありがとう。
短冊掛けいいでしょう!
止めるところは金色のゴムです。

九州の地震、本当に心が痛みます。
どうぞ無事でと祈るばかりです。

TITLE:

初めてブログ覗かせていただきました。
先日はお忙しい折に私たちのために桜の名所声ケ乢をご案内していただきありがとうございました。
奈良の吉野を思わせる光景に思わず絶句したほど。それに何と言っても人出の無い静けさの中思う存分名残りの策を楽しむことが出来ました。
拙い歌に色紙を頂いたことと共に良い思い出が出来ました。
これからもよろしくお願い致します。

TITLE:ありがとうございました

コメントを頂きありがとうございます。
ブログを見られたら恥ずかしいなと思いながら、
名刺を渡してしまいました。
やっぱり恥ずかしいですが、嬉しくもあります。

「カタログ代わりに見たいから書いて」と言われ、
OKを頂いた方のみですが、
「ミシン遊びの部屋」で作られたお洋服を、
中心にブログを書いています。

この度は、ご縁を頂き、本当に良い一日を過ごさせて頂きました。
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします。


コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

 プロフィール 

ヨウ

Author:ヨウ
37年間、自営業としてブランドのベビー、子供服を作る仕事をして来ましたが2011年秋にやめました。
2年間パートとして、ギフトショップのお勤めを経験しました。
2013年夏より、「ミシン遊びの部屋」と名付けて、仕事場を開放しています。
ミシンの好きな人たちが、集まり、そこから又、楽しく面白いものが生まれる場所になればいいなと思っています

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 

 カテゴリ 
 訪問者数 

 月別アーカイブ 
 検索フォーム 

 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QR

 月別アーカイブ