ほこほこぽこぽこ

楽しんだり、頑張ったり、 ほこほこしたり・・・

私たちの歌会始

今日は今年初めての短歌会がありました。

新年なので、気分良く今年のスタートをしましょうと、
「日本原カンツリー倶楽部」のコンペルームをお借りしました

10時から始まりました。
023_20160113204042f0f.jpg
万葉集の最後に置かれている「大伴家持」の歌。
「新(あらた)しき年のはじめの初春の今日降る雪のいやしけ吉事(よごと)」
この歌の朗詠から始まりました。

メンバーのお一人が書いてくださいました。
素敵な書でしょう
私も好きな歌で、父に書いてもらって額にあげています。


12時までに歌会が終わり、(先生に終わらせて頂いたんですがね
ランチタイムです
030_201601132041021ed.jpg

031_2016011320410406a.jpg

034_20160113204105819.jpg
新聞広告に載っていた女子会ランチで申し込んだのですが、
料理長さんの提案で、こんな素敵な懐石膳が頂けました
美味しかったですよ~


食事の後は、デイサービスの仕事をされていたメンバーの方のリードで、
声を出しながら、頭と身体を使ったゲームに大笑い
さすがだわ~

022_201601132040408c7.jpg
お部屋も気持ちが良いし、
025_201601132040453db.jpg
二階なので、大きな窓から、ゴルフ場越しに、雪を被った那岐山も見えて、
先生も皆さんもとても喜んでくださいました

ゴルフ場がこんなことに使わせていただけるなんて知らなかったです。
対応もとても気持ちが良くて、
私たちの歌会始は良いスタートがきれました


肝心の短歌ですが、
OKを頂いたお二人の歌から。

「編まれゆく栗色の髪をその母にゆだねて孫の話は途切れず」  I さん。

「火事かとも思ひ見渡す山々は夕日を受けて霧の移ろふ」  Sさん。



「お雑煮が出来たと告ぐればおうと言ふ父が居らむか書斎を覗く」 ヨウ
「諸もろの喜び悲しみ沁み込ませわが家の「十年カレンダー」果つ」 ヨウ
「初春の澄みゐる空に枝伸ばす木末(こぬれ)を移りて小鳥はさやぐ」 ヨウ



そうそう、私はミシン遊びの合間にちゃちゃっと縫った、
このコートを着て行きましたよ
016_20160113204020d63.jpg
衿がちょっと思っていたのと感じが違ったので、
気が向いたらやり直そうかな?

017_20160113204022b5b.jpg
箱ポケットも付けましたよ。
暖かかったです




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

 プロフィール 

ヨウ

Author:ヨウ
37年間、自営業としてブランドのベビー、子供服を作る仕事をして来ましたが2011年秋にやめました。
2年間パートとして、ギフトショップのお勤めを経験しました。
2013年夏より、「ミシン遊びの部屋」と名付けて、仕事場を開放しています。
ミシンの好きな人たちが、集まり、そこから又、楽しく面白いものが生まれる場所になればいいなと思っています

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 

 カテゴリ 
 訪問者数 

 月別アーカイブ 
 検索フォーム 

 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QR

 月別アーカイブ