ほこほこぽこぽこ

楽しんだり、頑張ったり、 ほこほこしたり・・・

ぶなの森の明るさ

父の個展の時に、友達二人と私の短歌を父が書いて屏風仕立てにしてくれました。
それを、友達が和紙を使っておしゃれに表装してくれました。
大切な記念の作品です。
2010_1224しまなみ海道0009

「闇は増しゆく雪積もりゆくしんしんと大地冷えゆく音もなくして」(Iさん)
「ちろちろと葦にはばまれゆく水の流るる音は時の去る音」(Kさん)
「冬支度終へたる枝を青空へ伸ばしてぶなの森の明るさ」(ヨウです)

2010_1224しまなみ海道0002
春、芽吹きの頃の美しいブナの森が私は好きです。
夏の緑も良いし、秋の紅葉も見逃せません。
そして、冬。
葉をその根元に落とし、芽吹く春を待ちます。
裸木となって冬空に立つブナの樹。
寒そうに見えるけど、この季節、ブナの森は明るいのです。

(木偏のぶなの漢字がパソコンにない~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

 プロフィール 

ヨウ

Author:ヨウ
37年間、自営業としてブランドのベビー、子供服を作る仕事をして来ましたが2011年秋にやめました。
2年間パートとして、ギフトショップのお勤めを経験しました。
2013年夏より、「ミシン遊びの部屋」と名付けて、仕事場を開放しています。
ミシンの好きな人たちが、集まり、そこから又、楽しく面白いものが生まれる場所になればいいなと思っています

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 

 カテゴリ 
 訪問者数 

 月別アーカイブ 
 検索フォーム 

 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QR

 月別アーカイブ