ほこほこぽこぽこ

楽しんだり、頑張ったり、 ほこほこしたり・・・

かなみつ質店

一昨日になってしまいましたが、
11日は、「東日本大震災」から、二年目。
岩手の友達に、「テレビを見ていると、溜息が出るよ」と、メールを送ると、
「いつも、忘れないでいてくれる気持ちに感謝です」って。いやいや

あの日、船で海に出ていて、奇跡的に大津波を乗り越えた、友達のお兄さん。
「ワカメの最盛期で、元気で忙しい毎日」だと。
「元気」「忙しい」、何より嬉しい言葉ですね
肉厚で美味しい、三陸沖のワカメが早く、こちらのスーパーにも入荷しますように・・・。

さて、そんな11日。
「三星城跡保存会」のMさんと、岡山の質屋さんに行ってきました。
先日、皆さんと、 衣装作り をしたときに 
襦袢をあげると言って下さったので、厚かましく頂きに行きました。

DSC02373.jpg
「かなみつ質店」 岡山市大供表町3-18
         (086-223-0040)
DSC02374.jpg

年数回の蔵出し、いつもご案内を下さいます。
先日も母と行きました。本当に安くてビックリします。

DSC02375.jpg

今回、15枚襦袢が欲しかったのですが、なんと!20枚もいただけました
腰ひもも新しい物を30本×80円!
そして、何とも美しい訪問着と無地の着物の反物。1000~2000円
切るのがもったいないよ~!

帯で緞帳を作った時の アルバムを持って行きました。
「楽しそうな地区ですね~。お役に立てて」と言って下さいました。
感謝感謝です。ありがとうございました。

又、4月に蔵出しがあるようです。
皆さん、お出かけ下さい。
目の保養にもなるし、楽しいですよ




スポンサーサイト

コメント

TITLE:ありがとうございます

先日は、お越しいただき、楽しいお話をお聞かせいただいたり、写真も見せていただきありがとうございました。素敵なお仲間で、活動されて、すばらしいですね。帯で作られた、緞帳は圧巻でした。やはり日本の着物・帯は美しいですね。こらからも、何かでお役に立てることがあれば、是非お声かけ下さい。

TITLE:こちらこそ

早速コメント頂きありがとうございます。
そちらにお邪魔するたびに、着物が着たくなります。なかなか着物を着る機会が無く、タンスに仕舞われたままの今の時代を寂しく思います。
着物の好きな地区です。勿体ないねと言いながら、あれこれ作っています。今回は本当にありがとうございました。感謝しています。

着物が大好きなチュニジアのシュシュさん。そちらにご案内した時、感動されていましたね。
又、日本に来られたら、一緒にお邪魔しますね。

TITLE:着物

着物いいですね。
自分で着られたらいいとおもって去年に着付け教室いって何回か着てみたのですがね 後々は機会がなくてもう忘れてしまいそうで心配です。時間と心のゆとりがあるときでないと着物と向き合う余裕がありません。
明日とあさってにかけて徳島から室戸の方面にお遍路さんです。お天気がよさそうなので安心。今から準備にかかります。
昨日にフレッツ 光の工事しました。パソコンが少し早くなりました。電話代が安くなるとかお楽しみです。

TITLE:着物着たいね

同感です。
小豆島時代は「針供養句会」とか、時々着てたよね!本当に素敵な着物がありますよ。是非一度どうぞ。
お遍路さんですか?春ですね。短歌も作って来てね。島にも鈴の音が聞こえていることでしょうね。

TITLE:お遍路さん

先ほど帰ってきました。高知の室戸岬の高台の宿坊で一泊して太平洋の広さをみてきました。瀬戸内海の海は静かでおだやかなのて
水平線の彼方まで続く海の広さは、東北の震災と重ねてしまいますね。   島のお遍路さんはずいぶんと少なくなった感じがしますよ。みんなが高齢になってきて若い人たちは現実の生活が忙しくてお参りまでには時間も取れないしって所でしょうかね。
四国の遍路に行って見たら歴史の重さや建物の重厚さなど圧巻でした。
今島では瀬戸内国際博覧会のイベントでこの20日からいろいろな作品展ができています。
時間がありましたらまた島の方にも来てください。

TITLE:エスちゃんへ

お遍路さん、春の季語ですね。お疲れ様でした。
「瀬戸内国際芸術祭」始まりますね。
前回は「直島」と「小豆島」に行ったけど、作品と島の風景ががマッチして、とても、良かったですよ!
肥土山でもあるのですね。春、夏、秋。どれかに行ってみたいなぁ。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

 プロフィール 

ヨウ

Author:ヨウ
37年間、自営業としてブランドのベビー、子供服を作る仕事をして来ましたが2011年秋にやめました。
2年間パートとして、ギフトショップのお勤めを経験しました。
2013年夏より、「ミシン遊びの部屋」と名付けて、仕事場を開放しています。
ミシンの好きな人たちが、集まり、そこから又、楽しく面白いものが生まれる場所になればいいなと思っています

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 

 カテゴリ 
 訪問者数 

 月別アーカイブ 
 検索フォーム 

 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QR

 月別アーカイブ