ほこほこぽこぽこ

楽しんだり、頑張ったり、 ほこほこしたり・・・

万葉研修旅行(大津京)

昨日(6日)万葉研修旅行に参加してきました。
「万葉集」4,500首を何年もかけて、
全てを学ぶと言う、人気の講座があります。
講師は私達の歌会の先生です。
その受講生の人達が、年一回、実際にその歌が詠まれた場所を訪ねる旅が、
この「万葉研修旅行」なのです。

万葉集が好きな私は、講座は受講出来ないけれど、
旅行だけ参加させて頂いています。
(実は、私のヨウはこの万葉集のヨウなのですよ)

奈良が多いのですが、今回は、
「大津京の跡をたずねて
 琵琶湖畔の万葉歌碑巡り」でした。

1211060004.jpg
最初に着いた所は、「関蝉丸神社」。
京阪電車の踏切を渡った所に鳥居があってびっくり!
1211060005.jpg
ここで、私達のバスを待っていてくださったのは、
毎年私達を案内して下さる坂本信幸先生。
先生は、奈良女子大の名誉教授であり、高岡市万葉歴史館館長であり、
NHKの「日めくり万葉集」を監修されるなど、超有名な万葉学者の先生です。
こんな先生の講義が直接聞かれるなんて、
本当にすごい事なんです!
1211060008.jpg
先生に会った途端、現実から1300年昔の万葉の時代にタイムスリップ!
皆さんも先生のお話を聞き逃すまいと真剣です。
1211060012.jpg
バスの移動中もこの通り。
講義は止まりません。いつもの事です。

大津歴史博物館~大津市役所・万葉歌碑を見て、
1211060020.jpg
「近江の海夕波千鳥汝が鳴けば心もしのに古思ほゆ」柿本人麻呂
この歌碑のある、柳が崎湖畔公園でお弁当
1211060024.jpg
「美作の国」が出来た頃より45年ほど前に、
数年間だけあったとされる「大津宮」。
壬申の乱があり、柿本人麻呂や額田王が活躍した時代です。
1211060033.jpg
この後、近江神宮へ。
七五三でお参りされている三組に会いました。
可愛い~
この近くにも沢山の歌碑がありました。
そして、ここに「大津宮」があったとされる錦織遺跡。
この場所に、坂本先生が書かれた「柿本人麻呂」の長歌の碑がありました!
1211060068.jpg
先生に立って頂いて写真タイム

そして最後の歌碑は唐崎苑
1211060077.jpg
この写真の説明をしますと、
私がこの歌碑を訪ねた証にしようと、影をわざと映して撮ろうとしていたら、
ある人が、「あんたなあ、もう少し離れんと、自分の影が写るよ」と。
ご親切にどうも・・
1211060087.jpg
最後に唐崎神社に行き、大津駅で先生とお別れして
帰途につきました。
お土産を買う所が全くなかったけど、
色々な事を教えて頂き、万葉集の面白さを更に感じた研修旅行でした。





スポンサーサイト

コメント

TITLE:エスちゃんへ

コメントありがとう!
二つ前の記事に入っていたけど、私はこちらで返信しますね。
小豆島時代の旅行もこんな感じでしたね。
学ぶことの楽しさを教えて頂いたと思います。
この旅行も、先生がたまたま私が入っている短歌結社の会員だからこそ、実現出来る講義なのです。頭にどれだけ残るかは別問題として、本当に面白いですよ!

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

 プロフィール 

ヨウ

Author:ヨウ
37年間、自営業としてブランドのベビー、子供服を作る仕事をして来ましたが2011年秋にやめました。
2年間パートとして、ギフトショップのお勤めを経験しました。
2013年夏より、「ミシン遊びの部屋」と名付けて、仕事場を開放しています。
ミシンの好きな人たちが、集まり、そこから又、楽しく面白いものが生まれる場所になればいいなと思っています

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 

 カテゴリ 
 訪問者数 

 月別アーカイブ 

 検索フォーム 

 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QR

 月別アーカイブ