ほこほこぽこぽこ

楽しんだり、頑張ったり、 ほこほこしたり・・・

絵画と短歌

お休みだった21日夜、勝央町勝間田にある、
イタリア料理店「ピアット ノノ」に行きました。
24歳の女の子二人と60歳を過ぎたおばさんと言う、奇妙な組み合わせ!
1202210011.jpg
頂いたのは「オムライスセット」980円!
1202210014.jpg
「黒豆チャイ」。 どちらも美味しかったわ~
これで3時間喋りっぱなし!歳は完全に忘れていました

事の始まりは18日「勝央美術文学館」に行った事から始まります。
ここで、今、若手作家三人の作品展が開催されています。
その一人がご近所の「水嶋晴香」ちゃん。
2月18日が最後だと思って一人で急いで行ったら、
「今日から3月18日までだよ~」って、大笑いされました。
1202210007.jpg
筑波大学で絵画を学び、今年帰って来ました。
大作3点を含む彼女の絵の前で、色々な話をしました。
絵の具の色を沢山重ねたこれらの作品の中に彼女の思いや人生が
重ねられているんだと思いました。

那岐山が好きだと言う私に、
「今はまだ書けないなぁ~。もっと山を知り自分に引き寄せてから書きたい」って。
「絵画と短歌は本質は同じなんだね~」と言うと、
「短歌してるの?面白そう~
「短歌する?実は21日原稿を渡しがてらに会う人がいるんだよ」
「えっその人私の同級生だ!じゃあ、「ピアット ノノ」で会おうよ。
私の絵も見て貰いたいし~
「いいね~。絵を見ながら、万葉集でも語ろうかなぁ~」

と、言う訳で「ピアット ノノ」に来ました。
「勝央美術文学館」とは別に、ここで2月7日から3月25日まで、
個展をしています。
1202210006.jpg
素敵でしょ
1202210004.jpg
昼は又違った雰囲気に見えるんだろうなぁ~
1202210002.jpg
赤い糸が作品を繋いでいます。
1202210003.jpg

久し振りに再会した二人も楽しそう
絵の話、短歌の話、子供の頃の話、などなど・・・
食べて、喋って、写真を撮って・・・
若い歌人が誕生するかも~~

「怨霊は」と言へば「音量」かと問うてくる若者二人と話は尽きず


スポンサーサイト

コメント

TITLE:短歌

お休みの度にいろんなところで探検できていいですね。お仲間も年齢幅が広くて お仕事変わってよかったこともいっぱいありますね。
新鮮な風いっぱい吹かせてこちらにも送ってくださいね。楽しみにしていますので。
毎年の文化祭で蓬餅を婦人会の人たちがつくってくれますので蓬摘みをします。一人でのんびりと自然と遊べる幸せの時間 大切にしています。
梅の香に春陽まといて摘む蓬いぬふぶり咲く野辺にかがみて
蓬摘み爪先灰汁の残りしを気に掛かりつつ服縫い始む 
極楽の余り風かも野辺かがみ蓬摘む背に風寄りてゆく 気になる所ご指摘ください

TITLE:島はもう春なんだね

今夜は婦人部の役員会でした。
エスちゃんはもう作って貰う方なの?私はまだ現役だよ。
もう蓬が摘めるんだ!?そう言えば水仙も早く咲いたよね。歌を読むと、早春の小豆島の風景が浮かんできますよ。
歌は、評をする程の力は無いけど、好きに言わせて貰うと、
一首目は、梅、春陽、蓬、いぬふぐり、と、ちょっと春を盛り込み過ぎたかな?と思う。
ひとつひとつを島の風景と繋いで詠んで、島を思い出させて下さい。楽しみに待っています。
二首目は、「蓬摘みし爪先に灰汁の残れるを気に掛けながらも服縫ひ始む」かな?
助詞をきちんと入れなさいと良く言われます。
説明になったらいけないんだけどね。
三首目も「野辺に」かな?
こちらはまだ寒いで~す。

TITLE:好きに言ってみて

ありがとうございます助詞を入れること、学習します。 欲張ったことよくわかりました。
咲き初めし梅の香れる島裏の畑にかがみて春の草摘む
いぬふぐり咲く野辺川のせせらぎのやさしかりしや春の草摘む
爪先はいただきました。ありがとうございます 時間がありますときに 好きにいってみてください。

TITLE:島の春

二首ともいいね!
「やさしかりしや」は「やさしかりけり」の方が良いかなと思ったけど、島の情景が浮かんできて、早春の小豆島に行きたくなりました。
お遍路さんの鈴の音も聞こえる頃ですね。

TITLE:島の春

お忙しいのに、お付き合いいただいてありがとうございます。 お陰様で 気持ちも歌も ちょっとすっきりしました。時々お付き合いお願いします。
力が入りすぎて作ったら、自己中になってしまってつまらない短歌しかできません。
四国新聞に投稿しますね  今日はヨガでした帰りに近所の定例会おしゃべり会によってきました。楽しい仲間がいてくれてありがたいです。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

 プロフィール 

ヨウ

Author:ヨウ
37年間、自営業としてブランドのベビー、子供服を作る仕事をして来ましたが2011年秋にやめました。
2年間パートとして、ギフトショップのお勤めを経験しました。
2013年夏より、「ミシン遊びの部屋」と名付けて、仕事場を開放しています。
ミシンの好きな人たちが、集まり、そこから又、楽しく面白いものが生まれる場所になればいいなと思っています

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 

 カテゴリ 
 訪問者数 

 月別アーカイブ 
 検索フォーム 

 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QR

 月別アーカイブ