ほこほこぽこぽこ

楽しんだり、頑張ったり、 ほこほこしたり・・・

もう一つの同窓会

6月25日(日)、もう一つの同窓会、
「昭和43年卒 林野高校卒業50周年記念同期会」が、
「ホテル作州武蔵」で開催されました。
001_201706272002582ea.jpg


受付で渡された名札にビックリ
012_201706272003029e9.jpg
卒業当時の写真で作ってありました。
幹事さん、すごい
これなら「あなた誰?」って言わなくてもわかりますね
みんな可愛い~

002_20170627200300968.jpg
入り口には部活の写真、テーブルにはクラス写真
(ちなみに、私は手前のソフトボール部でした)


卒業生、七クラス389名中、109名もの同級生が集合。
私たちA組は、ご案内の中に、「参加しようよ」との声掛けを入れさせて頂いたせいか、
2番目に多い参加者数で、20名

020_20170628191402be6.jpg
勿論、先生も来て下さいました
バイキングを頂きながら、先生を囲んで賑やか~
卒業以来先生とのお付き合いは、途切れることなく続いています。
「君たちA組の担任で本当に良かった」と、いつも言われます。
私たちこそ、先生のお陰で、纏まったクラスになったのです。

DSC_0271.jpg
じゃんけん大会、紙ひこうき飛ばし大会、歌など、楽しい時間を、
私は、先日作ったこの服を着て、楽しんで来ました
ミシン遊びで作ったワンピースを着た友達二人も、
皆さんに「本当に作ったの~ すご~い」と、
好評だったようです! 良かった~

001-001_20170627202014187.jpg
手間暇のかかった資料と、集合写真を頂いて帰りました。
幹事の皆さんのご苦労に感謝あるのみです


解散後、備前の先生と岡山に帰る友達を、送ると言うNちゃんに付いて行きました。
車中、山ガールと、畑ガールと、ミシンガールの3人、
お喋りは止まらず、先生の出る幕無し
「はっ 先生!うるさいですか?」
「いやいや、女の人はよう喋るなあと・・・
はい!心許せる人とは良く喋る動物なのです

二つの同窓会に参加して、
小中学校の同級生は、今を余り知らなくても、根っこに同じものがあり。
高校の同級生は、2年生で転校したこともあり、今の生活に繋がっている部分が多く、
感情的に少し違うけど、どちらも私にとって、かけがえのない人達です







スポンサーサイト

小中学校同窓会

14日と15日、姫路市夢前にある 塩田温泉「夢乃井」での、
同窓会に出席して来ました。

015_20170616220441bde.jpg
写真の中央が、私たちが学んだ学校です。
昨年3月、閉校しました。

こんな高い中国山地に囲まれた、揖保川の源流の地で、
小学校と中学校時代を共に過ごした級友。
(1,2年の時は分校でしたが・・・)
同級生63名中、男子16名、女子17名が、集いました

会った途端、もうお喋りは止まりません
卒業して52年、孫が大好きなおじいちゃん、おばあちゃん達です。

DSC_0252.jpg
6時から宴会が始まり、おとなしく席に居たのは、
一通り近況報告が終わる頃まで~

後は、話したい人の所に行ったり、地区ごとに写真を写したりと、
あちらこちらで盛り上がって、 何とも賑やか

031_20170616005135b64.jpg
幹事さんが、懐かしい写真をスクリーンに写して見せてくれたり、
歌を歌ったり、演出満点でした

すっかり幼い頃にタイムスリップした私たちに、
時間はアッという間に過ぎて行きました。

1時間をオーバーして、宴もお開きとなり、
4人ずつの部屋に帰りました。
021_201706160051084cd.jpg
宴会前に撮った写真ですが、
田園風景が広がり気持ちが良いお部屋でした。

「温泉に入ろうか?」と、話しているとノックの音。
「え~! まだ入ってないの~?みんな幹事の部屋に集まってるよ」って

急いで温泉に入り、部屋に行くと、
4人部屋に33人全員が集まってる~
お風呂上りですっぴん!(この歳で~
でも、そんなこと気にしている人はなさそう。
話し方も仕草も、あの頃の少年少女のまま
同じ時間を共有した者同士、話は尽きません

眠くなって、午前1時半頃、部屋に帰って寝ました。
翌朝、「何時まで話してたん?」と聞くと、「4時!」だって 
(若くないんだよ!)

041_201706160051414eb.jpg
朝、解散前に、もう一度記念写真を撮りました。

52年の間には、みんな色々なことがあったと思います。
それでも、ここに来ることが出来たのは幸せなんだと思います。
満ち足りたみんなの気持ちを映したような青空を見上げながら、
又の再会を約束して別れました。

幹事の皆さん、
一生の思い出に残る同窓会をお世話して下さり、
本当にありがとう
お疲れ様でした


017-001.jpg


大笑いした朝食の時の会話。
 私 「H君、宴会の〆の挨拶、良かったわ~!」
H君 「挨拶? 誉めるとこは、それしかないんかい!」
 私 「う~ん。色々考えたんだけどね~」
H君 「で、なかったんかい!」
 一同大笑い が、収まった頃、
Mちゃん 「H君、若いわ~」
H君 「取ってつけるな!」

  又又、大笑い

幼なじみって良いな~



GUMAさんのお庭訪問♪

16日、Mさんと、gumaさんのお庭を見せて貰いに行って来ました

にこやかに迎えて下さり、
まずは、テラスでこんなおしゃれなウエルカムティーを頂き、
二人はいきなりの感動スタートすることになりました
001_20170518205833a0c.jpg

そして、丁寧にお庭を案内していただきました。
002_201705182058348d9.jpg
私は三度目ですが、
gumaさんご夫婦の愛情がたっぷり感じられるお庭です。
全ての花の(雑草までも)名前が、すらすら出てくるのにビックリです

003_20170518205835f1e.jpg
招かざる客がもがいているペットボトルはここだったのね!

ここの住人たちも本当に満足げです
007_201705182058384b8.jpg  014_20170518205859b3c.jpg

015_20170518205900b51.jpg  016_20170518205922381.jpg

017_20170518205923005.jpg  022_201705182059477af.jpg

013_20170518205857fe9.jpg  023_20170518205948042.jpg

021_20170518205928943.jpg

028_20170518205953822.jpg

026_201705182059514a1.jpg

毎日ブログで、見せていただいているのに、
風が吹き、gumaさんの声が聞こえ、
小さな虫たちが遊んでいるのを見ると、
何だか私までその中に溶け込みそうでした。


033_20170518210011b86.jpg
お部屋に通されて、これまた感動


ローズマリーが挟まれたおしぼりが、gumaさん手作りの器に乗せられて、
う~ん いい匂い~

アールグレイのゼリーやカップケーキ
初めて採れたこの甘~いさくらんぼ、私たちが頂いて良いのでしょうか

ハーブがおしゃれに添えられて、頂くのがもったいない

お話も沢山しました。
私の短歌もしっかり読んで下さっていて、
評を頂き、納得しました。直して良くなりました!
ありがとうございました 嬉しかった~!

この日のことを、早速 gumaさんのブログに、書いて下さっています。

書き方がすごくおしゃれです
私もこれから、あんな風に書きたいと思いましたが、
やっぱり今日もダラダラと書いてしまいました・・・


009_20170518205854c11.jpg


お庭にしても、おもてなしにしても、ブログにしても、
全て、その人の生き方が出てしまうのですね。
素敵な生き方をされているご夫婦だと思いました。
これからは「師匠」と呼びたいくらいです
本当にありがとうございました

木陰で本を読めたら気持ちがいいでしょうね~







父の三回忌と短歌会

上手に鳴くようになった鶯が、「聞いて、聞いて」と言うように、
ひっきりなしに鳴いている13日(土)、父の三回忌の法要を営みました。

004_20170515195756ea0.jpg
父を偲んで、総勢24名が集ってくれました。
みんな、母が元気に三回忌を迎えられたことを喜んでくれました。
帰ってから、「おばあは疲れ出してないか?」と電話をくれるけど、
大丈夫です!

017_20170515195821feb.jpg

当日、妹が泊まってくれて、翌日(14日)片付けを手伝ってくれ、
午後、帰りましたが、母は妹に付いて行っちゃいました!

しかも! 妹が夜、お店(さいこ)に出るので退屈だからと、
 ネコを編む毛糸や綿まで持って行きましたよ

そして、今日は姫路に用事がある妹と一緒に
入院している親戚のお見舞いに行ったようです。
明日も山崎で行く所があるらしく、夕方迎えに行くようにしました。
いやあ、なんと言うか・・・ 負けそうです



いやいや、負けてはいられません
お休みついでに、私も今日は楽しい一日を過ごして来ましたよ

「風の庭」さんでわくわく短歌会♪ パートⅡがありました。
我が家まで来て下さったお仲間二人と、
まずは、お誘いがてら、そよろさん家へ
007_201705151957591ae.jpg
ふくちゃん、お久しぶり お外が気持ちいいね!
018_20170515195836524.jpg
あ~ やっぱりこの季節が良いですね~

009_20170515195801454.jpg 011_201705151958157f6.jpg

0171.jpg 0161.jpg

 

005_20170515195758176.jpg 010_20170515195802e81.jpg
どこを見ても素敵です

コーヒーまで頂いて、さあ!「風の庭」さんへ。
019_20170515195838587.jpg
旧柵原町ですね。(マンホール撮るの好きなんです

020_2017051519584030e.jpg
ふうさんが、にこやかに出迎えて下さいました お久しぶりです!

037_20170515195930fcd.jpg

5月20日(土)と、21日(日)に例年通り行われる
「飯岡(ゆうか)花めぐり」の準備に大忙しのふうさんです

ここのお庭も、皆さんのブログで良く拝見していますが、素敵です
023_2017051519584171b.jpg
025_201705151959040e1.jpg  024_201705151958426ab.jpg
花盛りです
もう一人の友達と、倉敷のTさんと岡山のSさんも合流
お久しぶり~ 
昨年もここで短歌会をさせて頂きました

余りにも風が気持ちが良いので、外のテーブルをお借りして。
026_20170515195905481.jpg
そして、時間もないので、ホットサンドをほおばりながら、
短歌会スタートです
美味しいね!風が気持ちいいね!鳥がよく鳴くね!
この歌良いね! と、忙しい

032_201705151959073cb.jpg
昨年と同じように、今の短歌界トップの人達の歌会の歌を読んで評をして、
なぜその歌が好きなのか?なぜこの歌を選ばなかったのか?

そして、私に送って頂き、パソコンで纏めていた私たちの歌も、
あれこれと、しっかり評をしあいました。
歌をしっかり読むことの大切さを教えられました。
いつもぬるま湯に浸かっている私には、とても刺激的でした。


今日の私の歌。
「生きてゐる者勝ちの父の三回忌族(うから)も母も楽しげに見ゆ」
題詠 「歩」
「手を繋ぎ歩調を合はす母と姪隙間を五月の風が追ひ越す」ヨウ

皆さんのも良い歌が沢山あったけど、「書いて良い?」と聞くのを忘れた


終わってから、再び皆さんとそよろさん家へ
034_2017051519591096a.jpg
お庭で、紫蘇ジュースを頂き(美味しい!)、
又又、お部屋でも紅茶を
036_201705151959293c7.jpg
そよろさんのシフォンケーキはいつも最高
本当にご馳走さまでした
Tさん、Sさんとも会えて本当に嬉しかったです



ミシン遊びのお洋服もUPしなきゃ
明日から気持ちを切り替えていきます!
どうぞよろしくお願いします












名残りの桜と菜の花

昨日、ミシン遊びがキャンセルになり、一日空きました。
で、午前中は三人で畑いじり

午後、毛糸を買いに行きたいと言う母と、
津山の手芸店に行きました。
「おばあちゃん、この間80玉買ってくれたのが、もう済んだの~
 すごいなぁ!いつもありがとうございます」って


帰りは奈義経由で帰ろうと、53号線を北上。
「声ケ乢」に寄ってみました。
003_201704192012472a4.jpg
まだ桜が咲いていました
散り敷いた花びらもきれい

昨年、短歌大会の翌日京都から来て下さった歌のお客様をご案内した場所です。
蕨が沢山出ていました
005_20170419201249e81.jpg
母も「いっぱい出とるなぁ」と、採っています
008_2017041920125096d.jpg
10分ほどで、こんなに採れました

012_201704192012538ac.jpg
時折、車とすれ違うだけで静かです。
015_20170419201329e2d.jpg
名残りの桜を堪能しました。


そして、そこから「奈義町現代美術館」の方に。
024_20170419201400fe4.jpg


021_2017041920135684e.jpg
美術館から那岐山に向かって真っ直ぐ伸びている道の両側に、
菜の花畑が広がっていました

023_20170419201359db9.jpg
春めく那岐山を背景にした菜の花の明るさに、
心が軽くなりました

あちらこちらに行きたいのは、母なのか?私なのか?





HOME | >>

 プロフィール 

ヨウ

Author:ヨウ
37年間、自営業としてブランドのベビー、子供服を作る仕事をして来ましたが2011年秋にやめました。
2年間パートとして、ギフトショップのお勤めを経験しました。
2013年夏より、「ミシン遊びの部屋」と名付けて、仕事場を開放しています。
ミシンの好きな人たちが、集まり、そこから又、楽しく面白いものが生まれる場所になればいいなと思っています

 最新記事 
 最新コメント 
 最新トラックバック 

 カテゴリ 
 訪問者数 

 月別アーカイブ 
 検索フォーム 

 リンク 
 ブロとも申請フォーム 
 QRコード 

QR

 月別アーカイブ